« 読書の秋 | トップページ | ビリージョエル@東京ドーム »

2006.11.05

[書評] 文明崩壊

ジャレド・ダイアモンド:文明崩壊 上・下,草思社,2005

文明崩壊 本書の著者ジャレド・ダイアモンドの「銃・病原菌・鉄」を読んで影響を受け、関連しそうな本を読んできたことはこのブログでも述べてきた。「銃・病原菌・鉄」が出た当時はそれに近い内容を扱った本は少なかったと思うが、その後「銃・病原菌・鉄」に影響を受けたことにより研究が進んだのか、最近は書店にも並ぶようになったと感じていた。しかし世の中が近づいてきたとき、当のジャレド・ダイアモンドはその先に行っていた。
 「銃・病原菌・鉄」が文明のスタートラインから今日までの道のりを描いたのに対し、本書では今日から向かうかもしれない文明の終焉の可能性を示す。本書は大きく分けて現代の社会と過去の社会の2つから、それぞれ5つの社会を取り上げる。過去の社会はいずれも「環境問題」に適応できずに崩壊した社会である。現代の社会もそれぞれに「環境問題」を抱える社会である。過去の社会の崩壊例を見せられた後では、現代の社会の崩壊も絵空事とは思えない。
 「環境問題」とかぎ括弧付きで書いたのは、本書で取り上げられている環境問題とは、昨今の日本社会において流行で取り上げられているような狭い意味での環境問題ではないからである。日本が島国であるのも、日本人が米を主食とするのも、現在アメリカと仲が良く中国と仲が悪いのも、皆日本を形作る本書で言うところの環境である。こういう意味での「環境問題」であるから、将来本書に由来すると言われるような誤解を与えない訳語を使って欲しかった。
 過去の歴史が何かを証明するわけではないが、将来のことを予測するのに過去の例を参照するのは説得力を持つ。そういう意味で、過去の社会を取り上げた第2部は圧巻である。第2部が本書の中核であるし、第2部だけでも1冊の本になると感じる。しかし主題の裏付けのために取り上げた承や転の部分が中核だと言われてしまうのは、結が弱いからではないだろうか。「銃・病原菌・鉄」は過去の話だったので、多少結が甘くても承転で重要な事実が指摘されていれば、それだけで価値があった。しかし本書の主題は将来の話であり、過去の重要な事実もあくまでも前ふりにしか過ぎない。将来に向けてと題した第4部の結びのための前ふりであるのに、読後も前ふりの印象ばかりが残ってしまって、結局著者は何を言いたかったのか心に残らない。個々の事例研究として第一級だと思うが、「銃・病原菌・鉄」ほどの衝撃は感じられない。☆☆☆☆

|

« 読書の秋 | トップページ | ビリージョエル@東京ドーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19205/12566740

この記事へのトラックバック一覧です: [書評] 文明崩壊:

« 読書の秋 | トップページ | ビリージョエル@東京ドーム »